リバースモーゲージの活用

自宅はあるけど資金に不安!? リバースモーゲージの活用について
リバースモーゲージ?

高齢期の資金不足を解消する資金調達方法としてリバースモーゲージという仕組みが先進諸国で活用されています。日本では1981年に武蔵野市が始めた「福祉資金貸付制度」が最初の事例で、バブル期には民間金融機関が富裕層向けの商品を開発、バブル崩壊とともに停滞期を迎え、地価の下げ止まり感とともに再び注目され現在に到っています。

リバースモーゲージとは、住宅資産を保有する高齢者を対象に金融機関がその住宅資産を担保として返済繰り延べ型融資を行うことです。融資の方式には種類がありますが、基本的には、死亡時に借入金を一括返済するという点で共通しており、借入期間中は借入金の利息分を毎月支払うことになります。

この制度のメリットは、自宅を売却せず、自宅での生活を継続しながら自由な資金を確保できるということにあります。もともと「house rich cash poor」(資金はないが住宅資産を保有する状態)の方を対象とした制度という趣旨がよくわかると思います。

しかしながら、必ずしも自宅での生活を継続することが望ましいとは限りません。きつい階段の傾斜や段差による家庭内事故の危険が高い場合もあるからです。マンションや高齢者住宅への住み替えを検討するならば、売却するという選択肢もありますが、不動産価格が値下がりしている時期に自宅を処分しにくいという事情も考えられるでしょう。転居する場合には、転居先の住居費がかかることになりますが、その費用捻出が難しいという方も出てきます。そのときに自宅を賃貸に出すという選択肢がありますが、空室が続いてしまえば資金はどんどん減ってしまい不安が高まります。

そこで、経済不安を解決する一つの方法がリバースモーゲージの活用です。リバースモーゲージはもともと自宅での生活を継続することを念頭に考えられた制度ではありますが、リバースモーゲージの商品の中には、自宅を他人へ賃貸することを認めた商品があります。この商品を活用すれば、次のような状態を構築することができます。

リバースモーゲージは融資なので返済が必要な資金です。上限額もありますのでむやみに使う必要はありません。いざというときに自由に使える資金という保険とも考えられるでしょう。
生活資金を年金+家賃収入+臨時の融資金という構成にすれば、生活不安は大幅に減少されることになるでしょう。これで住宅の転居を含め、生活の選択肢が大幅に広がるようになるはずです。このようにリバースモーゲージは生活の自由度を高める有効な手段と成り得るのです。

ご入居に際して

ご入居までの流れ

よくあるご質問

お住み替えサポート

Scroll Up