完成予想図(建物・館内のご紹介)

ハーウィル大宮土呂別館完成イメージ

ハーウィルシニアレジデンスのコンセプトは、“施設ではなく住宅”。

昨今、サービス付き高齢者向け住宅の数も増えてまいりました。運営主体となる事業者のコンセプトにより、さまざまなものができることで、そこに生活する人にとっては、選択肢が増え良いことではありますが、一方で、入居前に、良く理解されず、ご入居されてしまい、想像していた生活が過ごせないといったことも起こっています。

サービス付き高齢者向け住宅の場合、事業主体が、施設介護事業として考えるか、居住と付帯した介護を含むサービスを事業と考えるかにより、建物や各種サービスに違いがでています。ハーウィルシニアレジデンスでは、サービス付高齢者向け住宅を、居宅と付帯した介護を含むサービス事業だと考えています。そのため、ハーウィルシニアレジデンスでは介護等のサービスはもちろん、入居者の皆様が毎日を過ごす、居室空間にも力を入れております。

住宅において最期まで生活し続けることができる。そんな、建物やサービスを目指しています。病院や、施設のような建物ではなく、より住宅としての佇まいや、住宅設備を備えた建物に、家族のような常勤管理人や介護スタッフがいて、ご入居される方の生活をサポートし、必要に応じて、通所介護、訪問介護、訪問看護、訪問診療などのサービスを自由に選択して頂くことで、生活を続けられるようにします。

年齢問わず、住んでもよいと思う居住環境がハーウィルシニアレジデンスにはあります。一度、ご覧いただけると幸いです。